映像電伝虫を捕まえました!巨人に海王類

映像電伝虫を捕まえました!巨人に海王類、そして、あの珍獣も一味のメンバーはあなた次第

あのね、人は男に染まり女に染まり、人の体にふれたら変わってしまう

そらちゃん。

ご訪問ありがとうございます

昨日は、5匹のお部屋の

大掃除をしました。

最後はそらちゃん。

タオルのカーテンを開けると。

アロマポットの上で待機してました。

我が家のハムスター達は

みんなこうやって待ってます。

そらあ!かぁちゃん!

ここはやきゅあけちぇ

そらちゃん。おやつここね!

(背景の汚いのはお許しを)

ひまタネとウエハースの壁を作ってたら

そらちゃん気になってしました。ごめーん。

このあとは下に降りてもらい

トロールに行きました

その間にお部屋のお掃除。

ハムポットってお掃除楽ですよね!!

さてさて、主人が昨日、

島根の実家から帰ってきました。

お土産はいつも私が買う

蒜山のチーズケーキでした。

美味しいんですよね

読んでいたいてありがとうございます

広告を非表示にする

ジェームズキャメロンさん、高乃麗さん、

ジェームズキャメロンさん、高乃麗さん、金山一彦さん、ダルビッシュ有さん、内山昂輝さん、飯島寛騎さんお誕生日おめでとうございます。

映画を見ない日の出来事 161

映画を見ない日の出来事 161

仕事から帰ってテレビを点けたら、“インパール作戦”を題材にした番組をNHKで放送していた。始まって2〜30分過ぎの途中からではあったが、最後まで興味深く見た。

数日前に、ロングセラーになっている「失敗の本質-日本軍の組織論的研究」(中公文庫)という本をようやく読み終えた。

裏表紙には“大東亜戦争における諸作戦の失敗を、組織としての日本軍の失敗ととらえ直し、これを現代の組織一般にとっての教訓あるいは反面教師として活用することをねらいとした”とある。

ロングセラーになっているのは軍事研究というよりビジネス書として読まれているのだろう。

いまから思い返すと、数年前に岡本喜八の『日本のいちばん長い日』と『沖縄決戦』を立て続けに見たころから、ときどき戦争に関する本を買っては読んでいた。

とはいえ、歴史が苦手なので、年号や人名がなかなか頭に入らないのが悲しい。

そうはいっても、何冊か読むうちにおぼろげながら戦争の過程がイメージとして浮かぶこともある。

インパール作戦”もそのひとつ。

大本営ですら疑問視したインパール作戦は、はっきりとした軍事的戦略に基づかずに、軍部内の人間関係の中で黙認され実施してしまった。

兵站を考慮せず、敵を侮った無謀な作戦は日本軍の大敗北に終わった。

そのあたりのことは省いて、今夜の番組では見ていて思わず考え込む場面がいくつも出てきた。

インパール作戦の首謀者である牟田口廉也中将のもとに配属された若い兵士の日記が出てきた。

日記の中で、牟田口中将や参謀といった上級軍人たちの会話で次のような言葉はよく出てきたという。

「5000人殺せば、敵陣は落ちます」

若い兵士は、5000人というのは敵軍の戦死者数だと思った。

ところが5000人というのが自軍の戦死者数と知って愕然としたという。

ひとりの人間を数として平然と言い切る上級軍人たちに彼は違和感を持つことになる。

ところで牟田口中将という人は敗戦後も生き続けた。

敵国の英国軍人が書いた“インパール作戦”を評価する本を知り、晩年は作戦の正当性を訴え続けたという。録音されたその言葉も番組で流れた。

結局この牟田口という人は最期まで、自分の犯した罪を理解できなかったのだろうか。

暗澹とした気分で見終わった。

転用20170625(日)

朝から妻の洗濯前の髪の毛掃除、その後、洗濯。

次女の家庭教師。

途中、11時半、NTT光回線の転用勧誘電話があり、これまでは電話口の相手の口調が信用できそうもなく気に入らずかたくなに断ってきたが、今回の業者がたまたま今使っているプロバイダーの代理店(?)だったことと、応対が非常に丁寧でこちらの疑問にもしっかり答えてくれたので、勧誘に応じることにした。

いくら安くなるか知らないが大した事はないだろう。とにかくめんどくさいのが嫌で断ってきたが、プロバイダーの変更がなければこちらの環境は何も変わらず、いくらかでも安くなるなら良いか、と言うような気持ちである。

それでもやっぱりNTTに電話したり、ポイントは引き継げないとか、めんどくさいことはあった。

このやり取りで1時間ぐらいはかかっただろう。

使い切らないともったいないポイントも中途半端で、しかも別に欲しいものなどなく、これも何を選ぶか悩んで時間がかかりそうである。

一人遅れて、慌てて昼食。

すぐに娘と一緒に車で妻の面会へ出発。

次女がドッジボールの練習で、病院を14時半ごろには出たい。

逆算すると、13時過ぎに出発、13時半から14時半で面会、と考えていたが、出発は13時半近くになっていた。それでも面会終了時間は変えられない。

車で15分、13:40くらいには病院に着いたか。

今日も運動をがんばった。

爪切りをして今日の面会は終了。

長女と次女は二人でベッド脇で話をしている。次女は長女の話を聞いてケラケラ笑う。

私はもうちょっと静かにお願いしますと注意する。同室の方に配慮が必要だ。ただ、この笑い声を妻には聞かせてやりたい。

帰宅後、次女はドッジボールの練習に出かけていった。

私は、少し休憩してから自分の散髪。

長女の期末テストの勉強にチャチャチャ入れ。

当番の風呂掃除。

18時半、次女がドッジボールの練習から戻り、駅前のそば屋に外食。

来週、バアチャンの誕生日がある。

帰宅し入浴後、晩の塗り薬はニョグリ&保湿剤。

広告を非表示にする

前から思う(笑)。

何故そのエネルギーを建設的な方に向けないのか不思議です。

■ソウルに500人分のミニ少女像 「世界慰安婦の日」で

(朝日新聞デジタル - 08月14日 21:20)

広告を非表示にする