病理という御勉強2

こわいもの知らずの病理学講義

Amazon

引き続き、病理学講座仲野徹氏を読んでいる。考えれば、こうして知性ある筆者の書き物を読むのは、至福の時だと思う。但し、読んだ瞬間から忘れてゆく記憶力の劣化には、元変な自信があり、数か月ももたない気もする。だが、あれを読めば其処に書いてあるという記憶だけを頼りにしておけば、何とか又、想い出すことも出来るだろう。読者の方も多分、このブログで気になった本を読むだろう。だが、そうした記憶は曖昧なものだし、それはそれで良いのだと思っている。さて、前置きが長くなったが、後半戦は癌一辺倒だ。癌とて、我に大切な細胞の一つであるが、その成長が老化と同様に、現時点では制御不能である点に問題がある。そして、氏はそれを皇帝と名付けた。世間一般の人から見れば忌むべき皇帝だが、細胞視点から見れば中捨てがたい魅力を持っていることも確か。嫌な強敵って存在かも。英語の語源はカニであり、硬い甲羅が似ているか。さて、癌細胞の特徴は一個の突然変異が幹細胞等で蓄積少なくとも10年間してゆく過程で完成され、サブクローンとして凝集してゆくと。そして、やや難解になるが、成長シグナルの自給自足不応性アポトーシス回避浸潤能転位能無限\xA4

虜挧ι薰㌶酬豐豹契犬覆詁団Г鮖鈇辰討い襦△泙気縫后璽僉失挧Δ澄M廚亘寨茲麓焏燭❹△蝓∀群修垢戮⑰震燭砲△觝挧Δ領△鮖曚唎茲Δ聞堝阿法〴盧挧Δ禄个襪箸いΔ海箸里茲Δ澄◀い笋呂筺∉馘┐澄Jゟ擷い掘⊇喇劼世掘⊆郊垢任發△襦◁款呂ǂ蕕漏憧發亡悗靴董∉探Ⅶ櫧爐ⅳ譴蕕譴襦◀泙此⌅唎❹鵑砲魯ぅ縫轡─璽拭爾覆詈Ć舛叛傔垢気擦襯廛蹈癲璽拭爾覆詈Ć舛領省鈇ⓘⓜ廚世函A絢圓砲浪蹴慂Ć繊∧賾誉顗▲Ε↗襯拘留蠏呂ⓜ㌣勝▲悒螢灰丱唫拭璽團蹈螳澆❹鵑罵召蠅砲睛㌣召砲覆辰唇Ⅱ椋拔歸硑澄F辰縫團蹈蟠櫃砲論簑腓糞燭い❹△襪里如ヿ〆彩の擦諒釥△△襪い禄趯焏の擦諒鈇論儷謀Ľ房晳任気譴燭掘◉曚唎い♢笋眇忞圊綾趯漚掘△修侶覯未鮑廼疂垢い燭个ǂ蝓﹆趯漚任④討い燭蕕靴ぁ⊇趯漚砲錬隠案譩嶇⊄海播衞瑤鯊海韻詆ⓜ廚❹△蝓△修隆峩惻鬚箸いΕ離襯泙⓳櫃ǂ襪里之觜酋貭砲覆里世❹海Δ靴振圳┐紡个掘⇔匹⑤廛蹈癲璽審\xAB発詰まり、増殖させないお利口さんに氏は永きに渡り研究を続けているようだ。その辺りは本書を読んで確認して頂きたい。更に後半は命の値段についても、真正面から議論を投じていて、小気味が良い。も登場するし、最後の癌に対しての運不運説は笑える。